新型 レヴォーグ sti。 【速報】スバル初の「電子制御ダンパー」採用。新型レヴォーグプロトタイプSTI Sportを初公開

スバル 新型 レヴォーグ フルモデルチェンジ 2代目 2020年10月発売

(前から噂はあったのですが…) 新型WRX S4の注目ポイントの一つが、新型ターボエンジンが 1. 新開発 1. 現行型S4のエンジンはFA20ターボのみであり、レヴォーグに搭載される新開発の1. 新型レヴォーグを買うなら、リセール情報を確認し下取り価格が大幅に下落していなければまず1. 期待したい。 車体四隅にもレーダーが設置されることで、周囲の状況把握をサポートにも寄与。 本来は、WRX S4はスポーツセダンとして売り出していましたが、実際にはレヴォーグのセダン版というイメージのほうが強くなってしまっており、当初の狙いとは異なる方向に進んでいます。 先行予約開始 価格判明 : 2020年8月20日 木 先行受注受付け: 2020年8月下旬 発売時期: 11月下旬以降 別のスポットでも目撃されている新型レヴォーグの開発車両 友人が見かけたらしい新型レヴォーグ。 次期レヴォーグのデビューは2020年12月頃。 発売時期は、2020年4月ごろ。 また新型レヴォーグの車重は1520kg前後とフルモデルチェンジ前とほぼ変わらないため、加速感という点で過大な期待は禁物でしょう。

Next

新型レヴォーグ確定内容 1.8L・FA18型以外に2.4Lターボ搭載グレードも発売

リアには大きなカーゴスペースを設け、アクティブギアとしての実用性も向上しています。 同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)との共同出展により、同ブースでは「新型レヴォーグ プロトタイプSTI Sport」を初公開する予定だ。 6Lターボモデルは1. 2014年4月に発売を開始した日本国内専売ステーションワゴン 「レヴォーグ」。 今回は、STIが手がけたGT(グランドツーリング)スポーツ 2モデルとともにその詳細を紹介したい。 新型では、希薄燃焼エンジンに加えてアイサイトのセンサーなどが充実することなどを考えると、先進機能を装着したグレードの価格は20万円高い310万円前後になるものと思われる。 0Lターボモデルが残った場合 2. FA16からダウンサイジングされた 新開発1. 恐らくまでどこも公開していない貴重なショットではないかと思いますね。

Next

スバル 新型レヴォーグ STI Sport 2020年10月発売

新型WRX S4にはFA20型ターボに代わり、FA24型ターボが搭載される可能性が濃厚。 新型レヴォーグでは、GPSと準天頂衛星「みちびき」を介してロケーターが自車位置を正確に特定し、高精度マップで自動車専用道路形状をクルマが把握することで、カーブ前減速や渋滞時のハンズオフ走行支援を実現。 また、ボディカラーに新色マグネタイトグレー・メタリックを採用。 0Lを超える6気筒エンジンや、2. 残念ながら、販売するうえでの戦略や、車種に対するイメージ戦略の制限を受けたうえで、開発が行われています。 一部高速道路の最高制限速度引き上げ予定に対応 後退時自動ブレーキシステム 後方障害物警告機能 Rレンジ時に車両後方に障害物を検知すると、MFDの表示と警告音で障害物の接近レベルをお知らせる。 ボディは、ヘキサゴングリルから始まる前傾姿勢の硬質なボディラインに、内側から強い圧力で張り出した躍動感あふれる4つのフェンダーを組み合わせることで、走りの愉しさと安心感を表現。

Next

スバル新型レヴォーグが発売延期予定/WRX S4フルモデルチェンジの最新情報2020

WRXのVA系が発表される前のコンセプトデザインに採用されている様な切れのある綺麗なラインに光るヘッドライトイルミネーションが採用されると思われる。 5Lターボが設定されないことが影響。 8L直噴ターボ」「2. 8kg-mだから4L並みだ。 6kgm• 2Lターボは300PS、40. 4Lモデルが発売されるそうです ベストカー情報。 8Lのダウンサイジングターボエンジンが搭載されます。 8リッター水平対向DOHCターボエンジンは恐らく200psも行かない可能性も。 それでも同じくハンズオフ運転が可能な日産新型スカイラインハイブリッドの価格帯は557. 新型レヴォーグのインテリア/大型ナビゲーション採用の可能性大 今現在に於いても、新型レヴォーグの内装はまだ明らかにされておらず、以前の記事で紹介した「アメリカ市場にて2019年に発売された新型 レガシィ/アウトバックの内装」が引き継がれた内容になると思われます。

Next

【2020年9月】スバル新型レヴォーグ フルモデルチェンジ最新情報まとめ!発売日や次期デザインは?安全装備は進化?【価格etc】

ただしこれも今現在の情報ですので、これがさらに延期になる可能性も否定できないでしょう。 レヴォーグとWRX STIの関係を近くすることで、レヴォーグの高性能ステーションワゴンとしてのイメージを定着させましたが、今度はWRX STIの存在が邪魔になり、進化するうえでの頭打ちが生じています。 スバルさんのターボ車は「マニアック」だというイメージが定着していましたが、これを機に売上を伸ばしていただいて、今後も独立したメーカーとして頑張って頂きたいと思うところです。 スバル新型レヴォーグの販売は、当初、先行予約受付開始が2020年7月、発売は2020年9月が予定されていましたが、新型コロナウイルス感染拡大などの影響から延期され、先行予約受付開始は2020年8月下旬、発売は2020年11月が予定されています。 さらに、高速道路上における全車速での自動運転や自宅や商業施設等の駐車場での自動駐車を実現する。 8Lターボモデルは2. この1. スバル新型レヴォーグの自動ブレーキは「」に刷新されます。

Next

新型レヴォーグSTI Sportの内装で分かったこと

さらに、STIのモータースポーツへの挑戦を象徴するクルマとして、2019年にクラス連覇を果たしたニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦車の「WRX STI NBR CHALLENGE 2019」、SUPER GT参戦車の「SUBARU BRZ GT300 2019」と、WRX STI全日本ラリー2019参戦車の、3台のモータースポーツ参戦車両も展示される。 サスペンションは、前輪がストラット式、後輪がダブルウイッシュボーン式の4輪独立懸架だ。 カモフラージュは一切施されておらず、「如何様にも見てくれ」と言わんばかりの堂々とした佇まいっぷり。 かげまるさんこんばんは。 新型レヴォーグの販売スケジュールは概ね明らかになっている 先述にもある通り、新型レヴォーグの今後の発売までのスケジュールとしては 2020年8月20日に先行予約が開始され、そのタイミングで価格帯が判明・見積もり作成可能、そして 8月下旬には先行受注をスタートするスケジュールとのこと。 そこでスバルは現在の「歪な販売状況」を改善するため、 新型レヴォーグを皮切りにヨーロッパでヒットさせようと目論んでるそう。 レガシィB4の後継の位置をもしWRX S4が担うのであれば、国内でのフラグシップセダンはWRX S4ということになります。

Next