エクセル シート切り替え。 Excel 2010 Excel 2010ショートカットキー一覧

Excel 2010 Excel 2010ショートカットキー一覧

「会議の資料作り」、「データ分析」、「事業部の営業結果の集計作業」など、、マネジメント業務をしていると、エクセルを使った業務に日々追われてしまうことはありませんか?エクセルの知識がない中で取り組むとカンタンな作業でも数時間掛かってしまうこともあるでしょう。 後半に説明した、ショートカットでの移動ですが、エクセルでは通常右側のテンキーは数字の入力で頻繁に利用します。 この3つを覚えておけば、表示したいブックやシートにすぐに移動できます。 今回ご紹介するのは「シート」についてです。 一番最後のシート見出しを表示するには [Ctrl]キーを押しながら右向き三角ボタンをクリックするとスクロールします。 シート数が増えてシート見出しが表示しきれなくなると、「シート選択の移動」ができるボタンが表示されるようになっています。

Next

【Excel時短】ブックやシートの切り替えをスマートにこなす!大量に開いたアプリの中からエクセルのウィンドウだけを切り替えるテク

仮に逆の順序で切り替えを行いたい場合には、[Shift]キーを押しながら、上記の操作を行ってください。 娘3歳3ヶ月。 シート見出しが表示されていない場合は、[ファイル]タブをクリックしてBackstageを表示し、[オプション]を選択します。 A1など)しかしセルにシート名が入力されている場合、その セル! 実際に、指定したシートに切り替わるか試してみましょう。 Select ' 「Sheet1」と「Sheet2」のシートを選択 Worksheets Array 1, 2. ここでは、エクセルのシートを操作する際に使えるショートカットキーを、エクセル2016を使って紹介します。 ショートカットキーでワークシートを移動する方法 ワークシートをショートカットキーで移動する場合は、• Excel2010ではシート見出しが表示しきれなくなると、右端にあった[ワークシートの挿入]ボタンが表示されないケースがありました。 元から「PageUp」と「PageDown」のキーが用意されていない場合は、 右クリックの一覧から移動を使用した方が良いと思いますよ。

Next

Excel(エクセル)でワークシートが多い場合に効率よく移動する方法|ワークシート移動のショートカット

さっそくこれらのショートカットキーを使ってみましょう。 シートの切り替えには、下記のように操作します。 2.「ウィンドウの再表示」というダイアログが表示されるので、表示するブックの一覧から選択してOKボタン 3.非表示だったシートが表示されるようになりました。 ここに、次のコードを貼り付けてみてください。 使用したエクセルファイルには作業シートがたくさんあった場合、いちいちマウスで作業シートを切り替えていたら、なんとなくテンポが悪いプレゼンとなるでしょう。 Selectを入力します。

Next

キーボードの操作でシートやウィンドウを切り替える:Excel 一般|即効テクニック|Excel VBAを学ぶならmoug

また、 エクセルのウィンドウの幅が小さいと「再表示」の文字がなくアイコンだけになり分かりずらいです。 すべてのシートを選択 すべてのシートを選択するには Sheets. Sheets 1. しかし、シートの数があまりに増えてくると、わざわざ作業シートを変更するマウス操作も面倒になってきます。 文字列で指定することで範囲を 切り替え ることができます。 そんな時ショートカットキーだけで作業シートを移動できれば、よりスムーズなプレゼンが実現できます。 Select ' 1 番目と 2 番目のシートを選択 Sheets Array "Sheet1", "Sheet2". ウィンドウの切り替えには、下記のいずれかの操作を行います。

Next

Excel2010

そんな時は、 左の矢印の場所で右クリックしましょう。 Excelのブック間だけで表示を切り替えたい場合は、今回解説したショートカットキーを使ったほうがスムーズに行えますよ。 設定後、ボックスを閉じ、Ctrl+Shift+Tで該当のシートへ切り替えることができるようになります。 1 番目のシートを選択するには Sheets 1. ワークシートの一覧が表示されるので、目的のシートへ簡単に移動ができますよ。 閲覧数ランキングで探す• 今回の場合Vlookup関数の範囲を シート名! A1"としても参照できません。

Next

Excelでシート切り替えタブが表示されないときの対処: 小粋空間

ただし、この[Alt]+[Tab]キーはWindowsのショートカットキーで、起動しているすべてのアプリ間で表示を切り替えることができるキーです。 モニターが小さい場合は作業範囲が狭くなって逆に作業効率が落ちてしまいますが、使える人はこのショートカットもぜひ使ってください。 多くの人は、Excel以外にもメールやWebブラウザーなど、さまざまなアプリを起動した状態で仕事をしていると思います。 [Fn]キーはノートパソコンや横幅の狭いキーボードにあるキーで、他のキーと組み合わせることで、1つのキーの2つの機能を切り替えられるようになっています。 使う頻度がすさまじく高いので、かなりの時間を短縮することができます。 Excel2013では最初に準備されるシート数が1枚になったので、シートを追加するための[新しいシート]ボタンが常に表示されるようになっています。 ちなみに、今回は違うブックを並べて作業するテクニックですが、 同じブックを並べて作業したい場合はこちらの記事を読んでください。

Next

Excel2010

これはこれで便利ですが、同様の処理はシートを右クリックして「名前の変更」からも可能です。 1 番左のシートが 1 です。 ところで、「別のブックに表示を切り替える」と聞いて、[Alt]+[Tab]キーを思い浮かべる読者も多いかもしれません。 シートの切り替えには、下記のように操作します。 しかし、シート間の移動を頻繁に行うケースや、プレゼンテーションをする場面ではマウスを使っていちいち移動するとテンポがよくありません。 ブックやシートを切り替えて作業するのが面倒! 普段の業務でExcelをよく使うという人でも、Excelだけをパソコンで開いて作業しているという人は少ないですよね。 このように[Ctrl]+[Tab]キーを押すと、開いているExcelのブック間で表示を切り替えることができます。

Next