コロナウイルス スピリチュアルな意味。 「新型コロナウイルス感染症」についてスピリチュアルメッセージ

新型コロナウイルスに感染しないための方法スピリチュアルな方法も:宇宙の兄弟たちへ@スピリチュアルブログ~転載版~

なので可能な限り視点を変えた方がいいのは確かだ。 イタリアでは ペストの後にルネッサンスが起こってい ます。 以上、これを機に地球人類、地球のバイブレーションが上昇していく姿を見ながら追えたいと思います。 それは、 自分自身がの高い姿を持ち合わせているものであり、 その気持ちが今後の世界において必要になって来るかもしれません。 運営も長く、信頼の高いサイトとして評判です。 消えていくのです。

Next

江原啓之さんの霊視、破綻と崩壊と新型コロナウィルス

また予測するにはまだ早い。 お金さえ儲かれば良い、または、安く手に入るのなら悪魔とも手を組む…といった態度での商売は完全に天意に反しているということです。 そうすると1週間、1ヶ月、1年、10年経った時にそのノートを見てびっくりします。 とは言え、 これは僕の宇宙で捉えたことなので、それぞれ皆さんの中にはそれの宇宙が世界があるわけで、 僕とかドルフィン先生の感覚を参考にする方はいらっしゃると思うんですが、 これをすごく広めようとは思いません。 もちろん、苦しむ人に関心を寄せる必要はないとか、海を越えた先は無関心でいいとか、そういう話じゃない。 それもまた眠りだと思います。

Next

「新型コロナウイルス感染症」についてスピリチュアルメッセージ

まぁアレです。 例えばスキューバーダイビングを習う時、その道のプロとただのちょっと上手い人。 かつ中国と決戦を決めた最重要同盟国の米国の反応も想像に難くない。 このままいくと手塚治虫の『火の鳥・未来編』のように政治経済の判断をAIに委ねてしまう日が来るような勢いです。 あれ自体がもう過剰に唯物論傾向なので、自然の働きとして揺り戻しがかかっている。 宇宙のエネルギーがバランスします。

Next

コロナウイルスとスピリチュアル【コロナは王様?】宇宙からのメッセージと意味を思考する

実際に見えていない先生方の中には、タロットやで伝わってくる感覚を見えると言葉を置きかけているため注意も必要です。 連日、コロナウイルスのニュースで持ち切りですが、皆さんマスクは確保してありますでしょうか。 実は、さんは、公の場で年の初め頃に話をされますが、雑誌などを通して来年の傾向を年末までに公表しているのです。 世間体や周りがそうだから、このくらいの年齢だから、〇〇しなければならないからではなく、 自分がこうしたい、やりたいという 『自分軸』で生きていく社会。 2020年は私たちが、この地球に来た目的に気づき、自分のパワーに目覚め、本当の姿になるための変化の時なのです。 天海 和美です。 この記事が、コロナの別の一面を知り、あなたの新しい時代を創造するきっかけになれば幸いです。

Next

スピリチュアルな観点から見たバシャールによる新型コロナウイルスの意味まとめ!

ワンネスは、大きなお話ですが、それに向かって一人一人が出来ることは、行動を変えるということです。 追伸 結局本記事の続きとして ってのを書くことになったのでリンクしておくね、 「人生が変わる」「魂が変わる」8本のメールレッスン ~キミが幸せになっても、誰も困らない~. コロナウイルスで時代が変わるか? 半月ほど前に コロナウイルスによってパラダイムシフト 転換 が起こるのではないかという記事を書きました。 彼らは唯物主義といった思想を生み広め、共産主義(共産党)とかも生み出した。 <ドルフィン先生Facebookシェア> (動画でもシェアしています) 「質問の本質の授業オンライン講座」 現在は、「お家で学ぼう!特別価格+特典」としています。 新型コロナウイルスは2020年3月26日現在で世界の感染者数が40万人、死者数も2万人を超えたと報道がありました。 自分自身のあり方、生き方を変えるタイミング。

Next

破綻と崩壊!コロナウィルス終息後スピリチュアル

でも、自ら病気になったということがわかって そして病気が自分たちを守ってくれたんだと認識が変わった時に、 病気が初めてすっと消えていったという経験があります。 天皇陛下の祈りは災いを我が担うという内容だと聞いていますし。 先生方にもよりますが、他の電話占いサイトと比べると、安い相談料の傾向もあります。 あくまでも霊学的考え方だわな。 新型コロナウィルスの問題によって、習近平の国賓待遇での訪日延期が決定した。 そうなるとおそらく効率至上主義になるので働けない高齢者や基礎疾患者は抹殺されたり、頭の悪い人間は奴隷にされてしまうような世界になる恐れだってあります。 国として成長曲線がもう頭打ち(経済的な意味で)で下降するしかなかった中国。

Next