米津玄師 歌詞 馬と鹿。 【米津玄師/馬と鹿】歌詞の意味を徹底解釈!進む逆境の先には何が待っている!?

馬と鹿 米津玄師 歌詞情報

まだガムの件から「まだ終わっていない!」という主人公の気持ちを感じます。 大泉洋さん演じる君嶋が、逆境の中をひとつひとつ進んでいく様をどうにか音楽にできないかと探っていった末にこの曲ができました。 しかし、きっと彼らは「勝ち負けではない何か」を得るのではないでしょうか。 確かになにもかもが馬鹿げて見えた日々でした。 絆が強まり、そして家族としての認識が全面に強 調されていました。

Next

馬と鹿の歌詞

次回作と今後の活動に期待し注目していきたいと思います。 主人公とチームは近づいたり離れたりを繰り返し ます。 何にたとえよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 晴れ間を癒えば まだ続く 行こう花の咲かないうちに Wow….. 家族の名前は当然一人一人言えることでしょう。 低迷するラグビー部と出世の道を絶たれた君嶋の、再起をかけた戦いが始まる。 を象徴していることが明確になりました。 少し触れては離れる距離感、そして呼吸が止まる ように思える事件。

Next

馬と鹿の歌詞

・傷跡を隠して歩いたのにそのくせ影をばら撒いた 人に見られないようにしていたのに、暗い部分である影を自らばらまいて気づかせようとしており、矛盾している。 【馬鹿】でい続ける理由は、【君】そのものであり、一緒に痛みが消えないままで共に進んでいこうというのが結論ではないだろうか。 それでも泥に塗れ汗を流し精一杯生きる今が彼にと っては大事に思えたのです。 逆境の中をひとつひとつ進んでいく様 が、まさに描かれています。 呼べよ花の名前を 張り裂けるぐらいに という歌詞は、 チームを応援する君嶋の姿を映しているのではないでしょうか。 という可能性もあり得るとは思いますが、深い意味を持つ言葉を量産する米津さんのことです。 こんな解禁があるんですね。

Next

米津玄師 馬と鹿 歌詞

素敵なドラマとご一緒できて嬉しいです。 この楽曲には印象的なモチーフ、【花】がある。 ただ、これがきっかけで「今まで見失っていた、大切なこと」そして「自分に足りていなかった精神」と出会うことができ、再起を目指すわけです。 ここで更にタイトル解釈を深読みすると なぜ「馬鹿」ではなく「馬と鹿」なのか。 現状とは相反して、心の奥底では闘士にみなぎっている感情が読み取れます。 「噛み終えたガムの味」という表現は主人 公の左遷後の日々が味気ないものになって しまったことを描写しているに違いありま せん。

Next

米津玄師 馬と鹿 歌詞

トレンドランキング1位でした。 池井戸潤さんと米津玄師さんのコラボ…夢のようです。 歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩いた 体の奥底で響く 生き足りないと強く また味わうさ 噛み終えたガムの味 冷めきれないままの心で ひとつひとつなくした果てに ようやく残ったもの これが愛じゃなければなんと呼ぶのか 僕は知らなかった 呼べよ 花の名前をただ一つだけ 張り裂けるくらいに 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい 疲れたその目で何を言う 傷跡隠して歩いた そのくせ影をばら撒いた 気づいて欲しかった まだ歩けるか 噛み締めた砂の味 夜露で濡れた芝生の上 はやる胸に 尋ねる言葉 終わるにはまだ早いだろう 誰も悲しまぬように微笑むことが 上手くできなかった 一つ ただ一つでいい 守れるだけで それでよかったのに あまりにくだらない 願いが消えない 誰にも奪えない魂 何に例えよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 晴れ間を結えばまだ続く 行こう花も咲かないうちに これが愛じゃなければなんと呼ぶのか 僕は知らなかった 呼べよ 恐れるままに花の名前を 君じゃなきゃ駄目だと 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい あまりにくだらない 願いが消えない 止まない TBS日曜劇場「ノーサイドゲーム」の主題歌を担当させて頂きました。 SNSでも大変話題になっていましたよね。 そして、一から始める決意をし、選手たちを奮い立たせます。 ということは タイトルの 【馬と鹿】に込められた 米津玄師の思いと 歌詞の内容が深く 突き刺さります。 続いて 「鹿」について考えてみましょう。

Next

米津玄師「馬と鹿」「君と僕」

飛ばされた先の自動車工場には ラグビーチームがあり、 そのラグビーチームの監督まで任される事になってしまいます。 エリート街道から外れて冷めて諦めたいけど、 心の何処かでまだ熱を持っているんだと。 馬の第二の心臓と呼ばれるほど大切なものらしいです。 自分の理想や期待とは違う人生になると普通は落胆する ものです。 具体的な内容はどのようになっているのでしょうか? さっそく楽曲考察に移っていきましょう。 疲れたその目で何を言う 傷跡隠して歩いた そのくせ影をばら撒いた 気づいて欲しかった まだ歩けるか 噛み締めた砂の味 夜露で濡れた芝生の上 逸 はや る胸に 尋ねる言葉 終わるにはまだ早いだろう 誰も悲しまぬよに 微笑むことが 上手くできなかった ひとつ、ただひとつでいい 守れるだけで それでよかったのに あまりにくだらない 願いが消えない 誰にも奪えない魂 何に喩えよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 枯葉を揺れば まだ続く 行こう、花も咲かない内に Wowwow... そして、それらを踏まえて「ノーサイド・ゲーム」のタイトルを解釈すると、「勝ち負けのない戦い。

Next