テクノプラン。 株式会社 テクノ販売

防災テクノプラン株式会社

1万人以上のタイムをミリ秒単位で自動計測できる精密技術がヒヤリハンターにも生かされています。 溶接作業・高精度加工の測定補助具・金型加工補助具・造船・鉄鋼・自動車・家電等製造過程で搬送・固定・位置決め・切粉処理など幅広くご利用いただいています。 最後まで成し遂げるんだと言う情熱があれば達成できます。 その世界知的所有権機関WIPOが運営するのが、、それは、国連の技術のデパートとも呼ばれ、本格的な国際技術移転メカニズムとして期待されている。 国土の7割が山岳地帯を占める日本では、これまで多くのトンネルが造成され、高度な土木技術が発達してきました。 ぜひ一度ご連絡ください。

Next

はじめまして。テクノプラン株式会社です。

環境、水処理の問題が得意分野です。 私たちはお客様とのコミュニケーションを大切にします。 0 CMB-HR 73 980(100kgf) 1. そんな技術者集団を目指しているのがテクノプランです。 は、バランスのとれた利用しやすい国際的な知的財産権(IP)制度の発展を担当する国連の専門機関です。 今後とも末永くご支援、ご指導をお願い申し上げます。 荒廃した特殊な環境に臨むケースも多く、危険に早急に対応する専門的な知識と技術が必要とされます。

Next

はじめまして。テクノプラン株式会社です。

どのようなご相談にも乗ります。 各特許番号をクリックすると特許庁データベース検索ページに移動しますので公開番号・登録番号を入力して下さい。 焼却炉排ガスの処理方法及び装置 55. 汚泥の炭化処理方法及び装置 35. また、場所や条件によって違う施工方法が用いられますが、開削工法と推進工法がメインになります。 汚泥、有機性廃棄物の処理方法及び汚泥炭化物の利用方法 汚泥から液化活性炭を製造するシステム• テクノプランの技術紹介 上水・汚水・汚泥・処理エキスパート• 業務内容に関するお問い合わせについて説明を尽くします。 お時間がかかる場合、いつまでに回答できるかお伝えします。 標準品はもとより改良に次ぐ改良に努め、より洗練られた商品化に努力すると同時に、お客様の期待する製品開発に全力を挙げて提案型の営業を展開しながら知恵比べをしていきたいと考えます。

Next

代表ご挨拶

水処理方法及び装置 49. 汚泥可溶化装置及び汚泥可溶化方法 5. 5 深10 2. ファインレーザーLST-RBシリーズ の価格改正をしました。 このテクノプランの画期的な特許出願中の新技術は、下水汚泥から利用価値の高い環境洗浄剤であるバイオ液化活性炭を生成することができます。 炭化物を利用して下水汚泥からセメント原料を製造する方法 17. 汚泥脱水・搬送システム• 乾燥汚泥を利用する廃棄物焼却炉の運転方法及び乾燥汚泥熱分解装置 24. 汚泥濃縮方法及び汚泥濃縮システム 4. 1988年 東京都豊島区にて創業 資本金 4,800万円 1990年 増資により資本金 7,200万円 1991年 増資により資本金 1億円 本社 新宿区に移転 1993年 公共土木積算パッケージ「基」販売開始 1995年 本社 豊島区に移転 1998年 設立10周年 2002年 自社株式買取 減資により資本金 8,000万円 2003年 本社 新宿区に移転 仙台営業所開設 2005年 社団法人逓信研究会と取引開始 2006年 プライバシーマーク取得 【認定番号 A821838 01 】 2007年 特定労働者派遣事業の認可取得 【厚生労働大臣許可番号 特13-305137】 2008年 設立20周年 2015年 資本金 5,010万円とする 2016年 本社 東新宿に移転 2017年 労働者派遣事業許可を取得【許可番号:派13-307647】 ISO27001(ISMS)認証を取得【登録番号:IA170362】 2018年 設立30周年 プライバシーマーク更新【認定番号 17000108 07 】. Japan Investment Adviser Co. プロ意識を持ち、それに恥じない行動と態度を心がけます。 みなさまにお約束する9つのこと• 下水汚泥の濃縮脱水処理方法とその装置 57. 外形図 CMB-HB 型番 通常単価 税別 最小発注数量 スライド値引 通常 出荷日 マグネット吸着力 N 取付ねじ穴寸法 幅 mm 奥行 mm 高さ mm 質量 g ハンドル部材質 6,988円 1個 お見積り 784 80kgf M12X1. ところで「マラソンのタイム計測とヒヤリハンターにどのような関係があるの?」 と思われる方も多いと思います。 有機性汚泥の脱水処理方法 60. 有機性汚泥の嫌気性消化方法と消化システム 15. 活性炭の製造方法及び装置 54. 10 総合カタログ2019-20 を掲載しました。

Next

防災テクノプラン株式会社

湿潤有機性廃棄物の処理方法及び装置 48. 橋梁工事は橋を支える部分を作る下部工工事、橋から上の部分を作る上部工工事から構成されています。 2019. 湿潤廃棄物の混合・乾燥方法及び装置 39. 1 グリンレーザーLTK-GPシリ-ズ の価格改正をしました。 生物反応促進・省エネシステム• 代表的なトンネル工事工法としては山岳工法とシールド工法があり、岩盤の固さなどに応じて適切な方法が選択されています。 2017. 減圧脱気処理による連続固液分離方法とその装置 13. コンクリートとアスファルトの違いとは、なんなのでしょうか?詳しく説明します。 湿潤性有機質廃棄物の処理方法とその処理システム 21. 活性炭化物による廃棄物焼却炉排ガス処理方法 11. パルス除塵式バグフイルタを用いた排ガス処理方法とその装置 37. 日本全国のマラソン大会(公認大会を含む)でタイム計測を行っていますので、 マラソンが趣味の方とはどこかの大会でお会いしたことがあるかもしれません。

Next

ホルダーベース

ガス、化学薬品、大きな施設も不要で臭気もありません。 国や自治体の補助金・助成金制度が増えたためか、一戸建ての耐震補強工事の施工例が増加しています。 実はこの技術、ヒヤリハンターの技術と全く同じなのです。 会社の目的は継続にあります。 テクノプラン株式会社営業部WEB販売チームです。 廃棄物処理方法および同処理システム 22. 9 新製品グリンレーザー及び自動追尾セットを発売しました。 最近では、食品製造工程での金属異物除去やさまざまなリサイクル工程・セラミック選別などに幅広くご利用いただいています。

Next

会社概要

有機性廃棄物の炭化物による排ガス処理方法 34. 1万人以上のタイムをミリ秒単位で自動計測できる精密技術がヒヤリハンターにも生かされています。 木造建築の柱と梁の補強工事について説明しています。 (注:すべての特許権を、現在、(株)テクノプラン、または澤井正和が保有しているわけではありません) 項番 公開番号/登録番号 発明の名称 1. メタン発酵・促進システム• 汚水・減圧凝集・活性炭吸着処理システム• 炭素系吸着剤を用いる廃水処理方法及び装置 50. 汚泥処理方法及び汚泥処理システム 3. 湿潤廃棄物の混合・乾燥方法及び装置 39. 2019. 10 総合カタログ2019-20 を掲載しました。 汚泥減圧濃縮状況動画 汚泥重力沈降状況動画 弊社は、廃水および汚泥処理分野での様々な特許を日本及び海外で保持しています。 5深10 50 117 75 2200 樹脂 Loading... 汚水・減圧凝集・活性炭吸着処理システム• 弊社は年間100大会以上のマラソン大会で自動計測を行っています。 まず、ライフスタイルや周囲の環境の変化に応じて、どのような間取りにするかしっかりと計画を立てることがポイントになります。

Next