ゴードン ミラー ルーフ ボックス。 畳めてオシャレ!|GORDON MILLER ゴードンミラー|アウトドアで使えるガレージ収納

ROOF CONTAINER BOX

BRS624BK ブラック• テントやシュラフなどのキャンプツールやウィンタースポーツギアなどかなりの量が収まるので、ファミリーやグループで大人数で乗り合わせてのドライブでも車内空間を広々と保つことができます。 最大積載量50kg。 ゴードンミラー「ペール缶スツール」 オートバックスのプライベートブランド「ゴードンミラー」は、男の夢が詰まった「ガレージライフ」をコンセプトにしたブランドで、ミリタリー風でヴィンテージ感のあるギアがキャンパーにも人気を集めています。 クラシックなSUVのような車種をはじめさまざまなタイプのクルマに好相性。 5㎏と重量があるので、2人での作業をオススメします。 容量360L。

Next

ルーフラックにのせるボックスはゴードンミラーのボックスがおススメ‼│すなみんz plus 行き当たりキャンプ日誌

ゴードンミラーのデモカーとして登場してもらったD21テラノ。 なかでも本物のオイル用ペール缶をベースに、ミリタリーテイストなルックスに仕上げた「ペール缶スツール」は、キャンプで使うなら薪をカッコよくストックしておくのに最適。 また スキーなら6~8セット、 スノーボードなら4~5セットが難なく収まります。 万一の際にも飛出しを抑えて安全積載。 それらは、その他のグッズやアパレルなど、ゴードンミラーが手掛けるアイテムに一貫したものだ。

Next

SUVと相性抜群! ゴードン ミラーから、コンテナ風角型ルーフボックス誕生。

また、対応は年式やグレード、 装備などにより異なる場合があります。 左右両側から開閉可能。 また、キャリアへの装着は工具不要なので簡単に取り外しできるのもありがたい。 剛性の高いヒンジ(蝶番) 幅広で剛性の高いヒンジ(蝶番)により、安定したフタの開閉を実現。 実際に見てわかったこと ソファーの座り心地 なんか硬そうなルックス。

Next

さすがゴードンミラー、キャンパー好みなルーフボックスのツボを分かってらっしゃる!

これほどのギアを収納するとなると積載量の多いクルマが必要となりますね。 BRM660 INNO WEDGE 660 BRS660 INNO WEDGE 660• BRS624WH ホワイト• で、これがハイエース。 BRM864RE メタリックレッド• 大型ミニバンからコンパクトカーまであらゆる車種にフィットするサイズ。 例えば、スーパーで食材の買い出しをしたときなど、クーラーボックスをすぐに取り出せるのでとても便利です。 全高㎜に設定し、高さを抑えつつも容量はLも確保している。 付属のワンタッチバックルベルトで、BOXの荷物をしっかり固定。 また、1月10日(金)〜12日(日)に開催の「TOKYO AUTO SALON 2020」のゴードンミラーブースでも展示予定となっているので、会場で一足先に実物を見てみてはいかがでしょうか。

Next

さすがゴードンミラー、キャンパー好みなルーフボックスのツボを分かってらっしゃる!

ゴードンミラー「ルーフコンテナボックス」の詳細は これがあるとさらに便利! ルーフボックスからのスムーズな荷物の出し入れを可能にする、便利なオプションアイテムを紹介します。 ご覧の通りテントやタープ、テーブル、チェア、マット、三脚などたっぷり収納できました。 安心の外部突起対応。 耐荷重は100㎏で、リッドにはクッションがついているのでスツールとしても使えます。 直線を基調としたフォルムが、ルーフコンテナボックスとも絶妙にマッチ。 待望のルーフボックスが初登場 そんな、個性的あふれる「ゴードンミラー」のラインナップに、このたび新たにルーフコンテナボックスが加わったのです! ボックスをクルマにつけてみた それでは、実際にボックスをクルマに装着してみることに。

Next

ルーフボックス | 製品情報 | INNO(イノー) ルーフキャリア&ルーフボックス

リヤシートの足元のスペースは十分なゆとりがあって、男性が足を組んでもまだ余裕があるほど! シートアレンジで活用シーンは広がる! 写真のように、後部座席を前に倒せば容量はさらにアップ! グループキャンプ時、荷物専用の車両としても重宝しそうです。 ボックス自体がベーシックなので合わせるクルマを選びません。 締めるときは、フタを動かせば自動的にロックが外れる設計で、使い勝手も抜群なんです。 BGMは、スローなブギにしてくれ! ルーフコンテナボックス 型からオリジナルでおこした直線的でコンテナのようなルックスとアウトドアテイストなカラーリングが特徴。 付属のワンタッチバックルベルトで、BOXの荷物をしっかり固定。 あらかじめご了承ください。

Next