ハートドリブン。 アカツキCEO塩田が語る「ハートドリブン」な新ビジョンとは?|Akatsuki VOICE(アカツキ ボイス)

塩田元規さんの『ハートドリブン』の気になる感想をご紹介!

インサイド・アウトとは「内側を変えて外側を変える」こと。 しかし、将来的に強いAIが誕生し、自らが知性を持ち、学習することで、AIが暴走することは考えられるでしょう。 経営者のモチベーションがなくなったら会社は終わりだと思うんです。 ネガティブな感情の意見に対して 100%同意をすることは難しくても それを理解し分かち合うことは できる、という考え方です。 僕には、ある条件を付けたうえで自分を愛そうとする癖があるのですが、そのままではどんなことでも条件付きにしてしまう。 4-2-1. 外に正解がなく、自分の心の中に答えがある時代。 令和の時代だからこそ出た新しい経営のあり方を示唆した書籍です。

Next

「ハートドリブン 」ってどんな意味? 共感・感情の時代の新たな考え方

塩田は本著の中で、「アカツキは目に見えないもの、感情・ハートを大切にしたから成長できた」と語っています。 thinkとfeelの両方をサイクルとして回すことが大切なのです。 それでは、初めて聞くという人もいると思うので、これから改めて読みます。 けどその気持ち自体もシェアしていったとき、 「やまDは、やまDでしょ?」 「山田先生とは辞めたあとの方が飲みに行きそうw」 「オフィスいつでも来れるようにしておきますね!」 みたいに言ってもらったとき、ふっと腹落ちした、「つながり」というものを。 まず、そのときに少し歪みが出てきていました。

Next

アカツキの代表取締役CEO・塩田元規氏の著書「ハートドリブン 目に見えないものを大切にする力」が10月3日に発売決定

だから、お金を手にするときにすごく考えたほうがいい。 ある社長から言われた「良い会社の定義」 ーーアカツキでは、「ハートドリブンな世界へ」というミッションと、「世界をカラフルに輝かせよう」というビジョンを掲げています。 機能的な価値ではGoogleやAmazonには勝てない GoogleやAmazonのすごさは、彼らが提供するもの以上に、彼らが持つ、徹底的に機能的で便利な価値を生み出す力です。 そこでは、 画一的な価値観から、多様な価値観を認め合うことが大事になります。 この本が新しいのは、『会社組織ももっとそうなるべきだ』、という主張の部分でしょうか。 創業時から感情や心や人とのつながりが大事だよって、そういう会社をつくろうと言っているんですけど、下手すれば倒産するから。 お金やモノには限りがありますが、感情や感動はいくらでも動くので、無限大です。

Next

【ハートドリブン】「AI時代」を攻略するポイントは人間らしさにある。

「人生は旅のようなものだ。 周りの流れに乗っていくほうが、みんなが今同じ方向に行くときって、さっきのハートじゃないですけど、自分とつながっていなくても正解っぽく見えるから行っちゃう。 「〇〇会社の社長です」という肩書は自分を表現している一部でしかなくなるから、そのときは自分がどうあるのかという。 「ビジネスに感情を持ち込むことが大事。 それを理解し体現する人が増えれば、一企業の繁栄を超えてより大きなムーブメントが起こるかもしれない。 徹底的にビジョンと向き合った5ヶ月間 — なぜ、ビジョン・ミッションを進化させるのか? アカツキがこれまで大事にしてきた「感情を報酬に発展する社会」というビジョンと、「ゲームの力で世界に幸せを」というミッション。 (会場拍手) delyでは野球推薦枠採用を検討中? 堀江裕介氏(以下、堀江):dely株式会社の堀江と申します。

Next

【書評・要約】ハートドリブン〜ハートドリブンとは目に見えないものを大切にする経営力〜

— RIYO hSO6h4A6P4fFqxd ハートドリブンの紹介文 魂を進化させると、あなたはもっと輝く 売上高281億円・利益136億円〝大成功〝企業アカツキ社長の独自哲学 合理的に正解を出せる時代は終わった。 ある種の怠慢だったり、考えていないということに対しては正したいと考えますが、塩田さんは二重三重のリスクヘッジや対応策を考えたうえで、「これをやりたい」と言ってくる。 哲学や信念がある。 」この部分が印象的でした。 あまり自分たちの活動をリファイン(洗練)したくありませんが、僕らのエンターテインメントに対する定義は「人の心を動かす体験」。 単に「一緒にやってください」と話すのではなく、それをやることによって、その企業や、最終的な意思決定者にどんなメリットがあるのかをきちんと説明しました。 「幸福経営」「マインドフルネス」「禅」 といった普遍的なテーマを、塩田さんの実体 験をベースに書かれた本です。

Next

ハートドリブン 目に見えないものを大切にする力 (NewsPicks Book)

僕たちは中長期的な成長を大切にする。 もちろん、現在を否定しているという意味ではなくて、より素晴らしい色に変えていくという意味を込めています。 」と向き合いながら言葉とともに成長していく、そのプロセスがとても大事なんじゃないかと思います。 内側によるハートに従って、自分の可能性を開いていく。 また、発売に先立ち、9月18日からAmazon. たとえば、ディズニーの映画を観た後では、隣にいる人のことがより好きになっているかもしれない。 見方を広げて世界を見よう。  資本市場との対峙。

Next

アカツキの代表取締役CEO・塩田元規氏の著書「ハートドリブン 目に見えないものを大切にする力」が10月3日に発売決定

」「Make The World Colorful. 自己表現? それは真実で正しい。 でも、経営者が一定のお金を持つと、その足枷が外れるからポジティブになれます ただ、1つ問題なのは、お金には魔力があること。 アカツキの想いに共感してくれる、企業や人が増えていって、一緒に「A Heart Driven World」に向かって歩んでいきたい。 「心の声に従う勇気を持つ」 機能性の比較や達成感を求めていたこれまで の時代から、自分の心の声や他者への共感を 大切にする時代へ…。 諦めない理由ができるんですよ。 エンターテインメント企業と名乗ると「娯楽を作っているんですね」と言われますが、エンターテインメントの定義は人それぞれで異なります。 予定調和な雰囲気では生まれない会話を期待 水野:ライフイズテックという会社をやっています、水野と申します。

Next

【書評・要約】ハートドリブン〜ハートドリブンとは目に見えないものを大切にする経営力〜

塩田さんが大学生の時、ハッピーカンパニープロジェクトという、顧客も社員も幸せそうな会社の社長にインタビューするプロジェクトを行っていました。 「売上や利益を説明するのはCFOの仕事でしょ? では、僕が説明することは何か」と。 ありがとうございます。 堀江:はい。 それには向き合うまで気づけなかった。 アカツキではどのようにして、ビジョンやミッションを組織に反映させていますか。 これが機能的価値から感情価値に移動していく簡単な背景です。

Next