護衛艦 あ きづき。 イージス艦を守る!護衛艦あきづき型

あきづき (護衛艦・2代)

3 m 深さ 10. ふゆづき 基本情報 建造所 玉野事業所 運用者 艦種 級名 建造費 726億円 母港 所属 第3護衛隊 艦歴 計画 平成21年度計画 発注 起工 進水 就役 要目 5,100 6,800トン 151 最大幅 18. 前部に装備したmm単装速射が小さく感じるほど、えらく大のである。 艦首ドームのシリンドリカル・アレイ(CA)は16DDHのと同等であるが、艦底装備の長大なフランクアレイ(FA)部分は省かれており、その一方でOQR-3曳航ソナー(TASS)が追加された。 これらの装備はソナーと共に対魚雷防御(TCM)指揮管制装置で一元的に管制される。 歴代艦長 [ ] 歴代艦長(特記ない限り) 代 氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考 艤装員長 - 恒益俊春 2012. 4 m 機関 方式 16,000 4基 2軸 速力 最大30 M1A-35 2,400 kW 3基 乗員 約200名 兵装 1基 () 2基 (32セル)• それ以外の部分ではイージスシステムが上回ります。 Apply chemical peeling invented by German workers in the 19th century. sponsored link 護衛艦あきづき型は高い能力を有する汎用護衛艦の代表です。 このことから、イージスDDGと艦隊行動する汎用護衛艦に低空防御を委託することが構想されるようになり、その対象として選ばれたのが本型であった。

Next

あきづき型護衛艦の性能はこんごう型護衛艦と比較するとどの程度のもの...

このことから、では、多機能レーダーはFCS-3のかわりにF、艦対空ミサイルはESSMのかわりにに変更することも検討されるようになった。 総評及び後続艦 外観及び船体構造こそやや的であるが、内実はと必要性をよく見極めた高性な汎用としてしたといえる。 PF(護衛艦、当初は警備艦と称された) 創設当初にから貸与された艦。 吉原, 栄一「船体 海上自衛隊護衛艦史1953-2000 -- 海上自衛隊護衛艦の技術的特徴 」『世界の艦船』第571号、海人社、2000年7月、 176-181頁、。 護衛艦あきづき型 画像集 護衛艦 あきづき型 艦番号 艦名 竣工日 建造所 所属 定係港 備考 DD115 あきづき H24.3.14 三菱長崎 第1護衛隊群第5護衛隊 佐世保 DD116 てるづき H25.3.7 三菱長崎 第2護衛隊群第6護衛隊 横須賀 DD117 すずつき H26.3.12 三菱長崎 第4護衛隊群第8護衛隊 佐世保 DD118 ふゆづき H26.3.13 三井玉野 第3護衛隊群第7護衛隊 舞鶴 ・基準排水量:5050t ・主要寸法:全長150. 反面、VLSを16に半減。 近接防空火器()としては2基が搭載される。

Next

あきづき型護衛艦 (2代)

みやみねぐもなどがある。 しかし最終的には、たかなみ型の建造は度までの5隻で打ち切られ、DDH・DDGの更新を挟んだのち、同型をもとにこれらの新装備を盛り込んだ5,000トン型に移行することになった。 また、潜水艦の静粛化や対潜戦の浅海域化に対応した新戦術であるバイ・マルチスタティック戦術への対応も想定されているが、本格的な実装は将来装備を待つ必要がある。 の1番艦。 一方で、本型ではが大きく進歩した。

Next

イージス艦を守る!護衛艦あきづき型

関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• 0t多機護衛艦(M) が新たなの元建造予定の護衛艦。 「国産護衛艦建造の歩み」『世界の艦船』第827号、海人社、2015年12月、。 これによる上構造物の小軽量化も意図している。 ただし、後日装備に備えて、機器用のフラットなどは用意されている。 [管理人の目] DDとしては16年ぶりのフルモデルチェンジとなりましたが、従来のDDとは全く方向性の違うデザインや装備の数々に「近未来の 護衛艦がついに現れた」との想いを抱きました。 本稿にて記述する。 引き続き変わらぬご指導、ご支援を賜りますようお願いします。

Next

イージス艦を守る!護衛艦あきづき型

としては、出力440キロワット(550キロ)の蒸気タービン主2基と、出力120キロワット(150キロボルトアンペア)の主発電機2基を搭載した。 近接防空火器()としては2基が搭載される。 本来扱う情報がまったく異なる航空機と艦船、潜水艦の情報を一つのシステムで処理迎撃まで行なうようなとんでもないシステムはやはりイージス以外にはありません。 発射管制用の艦上装置として、艦対艦ミサイル艦上装置2型(SSMS-2B)が搭載されている。 なお、からまでは、マルチセール2018に参加し、米海軍「」、「」、「」、「」 とともに対空戦、対水上戦、、射撃訓練等を実施した。

Next

てるづき (護衛艦・2代)

9 m 吃水 5. 「船体・艤装・機関 特集 新型護衛艦「あきづき」 - 徹底解説 最新鋭DD「あきづき」のハードウェア 」『世界の艦船』第764号、海人社、2012年8月、 100-109頁、。 6 m 13. 前部の第1機械室が左舷軸、後部の第2機械室が右舷軸を駆動しており、その間には補機室が設置されている。 また、他国の電子戦装置に相当する電波探知妨害装置も、NQLQ-3系列の最新であるD型を搭載することで、高い電波妨害・逆探知 電子情報収集 能力を有しています。 『』 東舞鶴男子海洋学校(東舞校)の教員艦として、旗艦「あおつき」をはじめとする複数の艦が登場。 従来の第2世代DDでは、としては艦首装備式のと曳航式のを搭載し、OYQ-103対潜情報処理装置(ASWCS)を中核としたシステム構築を行っていた。 結果、汎用護衛艦としては全ての戦闘局面に対して高い性能を発揮する極めてバランスの良い艦となった。 世界最高性能『日本の多機能レーダー』」『軍事研究』第49巻第9号、ジャパンミリタリー・レビュー、2014年9月、 193-205頁、。

Next

護衛艦とは (ゴエイカンとは) [単語記事]

これは、日本政府が2300トン級駆逐艦2隻を建造して3月までに米政府に引き渡すことを定めており、その総契約価格は1,868万ドル(67億2,480万円)、米政府は出来高に応じて90%を支払い、残額は引渡し時に支払うこととされていた。 やまぎり• しかし本型の計画段階であった11月、本型の機関選定を巡り当時のがに便宜供与を計るため、SM1Cの対抗機種である社のに有利な取り計らいを行った疑いがあると一部マスコミが報じた。 あきづき型は従来の水中放射雑音防止だけでなく、護衛艦としては初めて自走式及びブイ式対魚雷防御装置を搭載して積極的に敵魚雷そのものを排除する装備を搭載するなど、武装の面で一段の戦闘能力を有しています。 せんだい• 『』第59号(潮書房、1982年)• なお所要馬力低減のため、海自艦船として初めて艦尾にスターンフラップが採用された。 定係港は舞鶴である。

Next