タガヤセキュウシュウ。 人気爆発! 国家公務員ユーチューバー『タガヤセキュウシュウ』の秘密とは

林家たい平の長男と長女と次男!かわいい娘やイケメンの息子を調査!

と思っています。 ちなみに動画の見どころは? 真面目な公務員がなんか笑わせようと必死にやってんな〜と少し冷静な目で見てもらうと味がでるのかな。 著書に『出世と肩書』(新潮新書) ---------- (ジャーナリスト 藤澤 志穂子) 外部サイト. プロの仕事かと思いました(笑)。 。 この季節の到来を日中の景観だけでなく、日没後に聞こえてくる"蛙の合唱"から感じ得る方も多いのではないでしょうか。 農政局等発行欄の九州農政局メールマガジン「アグリ・インフォ九州」毎月1回発行を選択下さい。

Next

日本初・農水省ユーチューバーの沼にハマる人続出! 噛みまくりだが愛がある…映像のプロも絶賛(まいどなニュース)

ちなみに動画の見どころは? 真面目な公務員がなんか笑わせようと必死にやってんな~と少し冷静な目で見てもらうと味がでるのかな。 省内に茶道家や料理研究家などさまざまなスキルを持つ職員が少なからずいることもあって、職員が個性を発揮して農林水産業の魅力を発信する動画チャンネルの新設計画を昨秋に立ち上げた。 その後も思いっきりカミ倒す場面を編集せずあえて使ったり、先輩後輩関係なく字幕で容赦なくツッコんだりと、国家公務員とは思えない白石くんとノダさんの個性と笑いが詰め込まれた内容に、「エリートがコレとか最高です」「秒でチャンネル登録しました」「めちゃくちゃ笑いましたなにこれwww」とハマる人が続出しています。 きっと、立派なクワガタなのでしょうね。 その後もそつなく内容は進んでいくのですが・・・。

Next

日本初・農水省ユーチューバーの沼にハマる人続出! 噛みまくりだが愛がある…映像のプロも絶賛|まいどなニュース

政策や業務に活かせるよう、現場の声をしっかり汲み上げることに励んでいます。 政策や業務に活かせるよう、現場の声をしっかり汲み上げることに励んでいます。 野田さんは元々カメラマン希望で、接しているうちにキャラの面白さに気づいて、「一緒に出演しませんか」と誘いました。 娘さんのことを溺愛されている様子のたい平さんのことですから、必要以上の個人情報はネットには流さないとう配慮なのでしょう。 クリエイティブディレクターや映像作家として、CMやミュージックビデオを作ったり「アバンティーズ」など数多くのYouTubeチャンネルプロデュースをおこなう鈴木さんの目から見ても、「タガヤセキュウシュウ」の動画を初めて見た時は衝撃だったそうです。

Next

農林水産省のYouTubeが面白すぎるwwwwwww

。 と思っています。 鈴木さんのツイートを見てみると、動画は「冬のボーナスでギラファノコギリクワガタを購入しました」という白石くんと、「逆上がりが出来ないまま26歳になってしまいました」というノダさんの自己紹介からスタート。 笑 是非皆さんも、 農林水産省のYouTubeを見てみてください!!! それでは・・・ バイぜ!!!• 野田 職場の人からも「良かったよ」というお褒めの言葉をかけてもらってます。 その点も大変というか、忙しくなる時はありますね。

Next

日本初・農水省ユーチューバーの沼にハマる人続出! 噛みまくりだが愛がある…映像のプロも絶賛|まいどなニュース

白石さん(以下、白石) 農水省の全職員対象で募集があったので立候補しました。 実際は、 チャンネル名兼企画名ということですね! BUZZ MAFF ばずまふ の名前の由来 このBUZZ MAFF ばずまふ という面白い名前の意味についてですが、 若者の間で使われている 『バズる』(流行する、流行る)と、 農林水産省を英語表記した時の『Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries』 の頭文字のMAFFを足して 『BUZZ MAFF』となりました。 その後も思いっきりカミ倒す場面を編集せずあえて使ったり、先輩後輩関係なく字幕で容赦なくツッコんだりと、国家公務員とは思えない白石くんとノダさんの個性と笑いが詰め込まれた内容に、「エリートがコレとか最高です」「秒でチャンネル登録しました」「めちゃくちゃ笑いましたなにこれwww」とハマる人が続出しています。 野田 大学時代、九州の外から来た友人や外国からの留学生に九州の農産品や料理を紹介して喜んでもらえた経験があって、九州の農業を日本全国、世界に伝える仕事がしたいと思って農林水産省を志しました。 リクルートを退社後、 フリーアナウンサーとして活躍されます。

Next

平日は霞が関、休日は地方で農ガール。 フードアナリストや野菜ソムリエとしても活動する マルチな国家公務員の素顔とは

野田さんももともと映像制作に興味があったのと、一緒に仕事をしているうちにそのキャラの面白さに気づき、応募が始まった日にラーメン屋で話をして誘いました(笑)。 「消費者の部屋」 3. 農林水産省の職員として、現場の農家さんに感謝していただくことが一番の喜びです。 「タガヤセキュウシュウ」というユーチューバーをご存じでしょうか。 2016年に、たい平さんが24時間マラソンにチャレンジされたときにテレビで登場した時には、 「かわいい」とネットでも話題になりました。 具体的には、農業者の方々との意見交換を通して情報収集をし、それを担当課に共有しています。

Next