エイラク 25 話。 🔥瓔珞(エイラク)|25話・26話・27話のあらすじ・ネタバレ感想|復讐を遂げる

瓔珞(エイラク) 28話 動画

言われたとおり高貴妃の宮を訪れた瓔珞。 純妃は祖母の形見の団扇を手に幼い日の話をする。 慰める瓔珞に、皇后である務めを忘れてはならないのだと自分を戒めるように話した。 サービスの特徴は以下。 実は瓔珞は疥癬にかかっていなかった。 舒貴人はまさか自分が盗んだとは言えず、見事な腕前ねとマジックを褒めるほかありませんでした。

Next

中国(華流)ドラマ【瓔珞(エイラク)】相関図とキャスト情報

おそらく瓔珞は、繍坊の張女官に頼んで 特別な窓紗を作らせたのだと思われます。 その秘密は、乾隆帝の乳母が死の直前に残した1通の手紙に記されているらしい。 錦繍・・・繍坊で瓔珞をハメようとしていた女性。 そして瓔珞の情報を引き出した。 あまりの痒みに寝床に体を擦り付ける乾隆帝を皇后は咎める。

Next

【瓔珞(エイラク)】あらすじ全話。キャストも総まとめ!

一方、魏瓔珞は皇太后の話し相手を務めるため、寿康宮へ日参する。 きっと、陛下に褒めてもらったとか、陛下絡みの深い思い出があるのではないかと推測します。 嫻妃はあっさりとそれを受け入れ、度々会わせてもらえることを条件に皇子を手放すことに。 すると、瓔珞は色仕掛けで弘昼を引き止め、葉先生からもらった薬を弘昼にかがせた。 二人は去ろうとするが、高貴妃は「自分に取り入りたいのなら嫌味くらいかわせ」と、二人に功を立てる機会を与えた。 幼い頃、兄たちに疎まれた乾隆帝は同じ菓子で毒殺されそうになったことがある。

Next

🔥瓔珞(エイラク)|28話・29話・30話のあらすじ・ネタバレ感想|牛乳風呂で極楽

そして、「成り上がりたいなら朕を誘惑すればいい」と言ったのも、 瓔珞がその言葉に乗ってきたなら栄華が目当てだと判断するつもりだったのでしょうが、同時に陛下の本心でもあったのではないかと思います。 阿満を凌辱した弘昼は、瓔珞の罠に落ち、乾隆帝に捕らえられた。 これらは皇后に罪を着せるための舒貴人の策略ですが、黙ってやられる瓔珞ではありません。 葉天士 ようてんしを訪ねた瓔珞は 太監 たいかんに襲われる。 瓔珞は「皇后の触れるものはすべて検査し、自分だけを信じて守れ」と明玉にいう。 ありもしないことを並べて」と認めない。 陛下も陛下で、いつも瓔珞に「釈明しないのが腹立つ」なんて言っていますが、陛下こそまったく釈明しないんですよね。

Next

瓔珞

乾隆帝は、太監に「泣いたか?」と瓔珞の様子を尋ねるが、哀願すらしてこないという答えが返ってくる。 これにより裕太妃の名誉は地に落ち、偽善者に天罰が下ったと噂されるように。 瓔珞は瓔珞自身として自由に生きている。 おそらくコウモリ事件は、高貴妃と舒貴人が仕組んだものだと思われます。 宮仕えをするようになったはいいが、太医たちに嫌われ毎日毎日薬剤を乾かす務めにつかされている。

Next

【瓔珞(エイラク)】21話・22話ネタバレ。仏舎利(ぶっしゃり)とは?

我が子を助けたい一心の裕太妃は、皇太后に救いを求めるが、冷たくあしらわれる。 お金で釣るのは感心しないという皇后に、傅恒は瓔珞を守るためにしたことだと言う。 皇后は瓔珞たちと選んだ 洛神 らくしん図を贈らなかった。 どうやら、海蘭察ともみ合って柱にぶつけた時に、手首を捻挫したようです。 理由は 豪華絢爛な描写や 欲望渦巻く宮廷闘争が、現在の中国の社会主義的価値観を覆すのでは、と懸念されたから。 薬が弱かったのか弘昼は逃げ回り御花園に隠れてしまった。

Next