藤枝 かえで。 藤枝かえで【サクラ大戦】

藤枝かえで : さくら吹雪~愛が香る頃に

発明が失敗し、爆発して黒コゲになる事もある(稀に他の隊員も巻き込まれる)。 早く終わらせたかったかえでは、そこをぐりぐりとこそぐように抉った。 すみれとは犬猿の仲で喧嘩ばかりしているが、喧嘩するほど仲が良い関係でもある。 どうせ避けられぬことであれば、いっそ「今だけ」安治とのセックスにのめり込んでしまえばいい、大神では味わえなかった官能を愉しめばいいのだ。 気の強かった女性が悄然としている姿を見て、安治の獣欲がムラムラとこみ上げてくる。

Next

かえで編−その5

自分で殺しに行こうと思うわけです。 美しい姫が綺麗なガラスの棺に収められていたのだから見とれてしまうのもわからないではないが、それにしたって死んでいる女を引き取りますかね、普通」 通常の感覚なら、いくら美人でも死体を貰い受けたいとは思わないだろう。 挙げ句、物語の締めで悪役の王妃は死んでしまいますが、これも本当は崖から落ちたんじゃなくて、真っ赤に熱せられた鉄の靴を履かされて、死ぬまで踊らされた、とあります。 いかつい身体に野太い声の持ち主。 いいだけかえでに奉仕させて、結局逃がさないということはないだろうか。 「私、藤枝かえでは、溝口さんと愛し合います。 子宮口を何度も叩かれ、そこが口を開けているのがわかる。

Next

藤枝かえで【サクラ大戦】

帝都・巴里では、大神への助言や司令・副司令の指示の元、サポート役に徹している。 通称「帝劇三人娘」。 怒るか、ショックを受けて切っていると思っていた安治は少し意外に思ったが、犯されるかえでの喘ぎやよがり声を聞かされて、切るに切れなかったのかも知れない。 紐育華撃団のラチェットや昴とも面識がある。 猥褻だってことで当局に逮捕されますよ」 「何を勝手な……。

Next

#サクラ大戦 #藤枝あやめ 最後で最高のプレゼント

これも犯罪者どもに救われ、解毒されて助けられた。 「……」 かえではもう、すっかり犯される覚悟を決めていて、目を閉じたまま動かない。 あやめ同様、心のケアをしてくれる姉的存在。 観光名所や流行に詳しい。 まだ快楽の余韻で、肢体をビクッ、ビクッと痙攣させているかえでの髪を掴んで顔を持ち上げ、側にある機械に顔を向けさせた。 心の拠り所はそこしかない。

Next

#サクラ大戦 #藤枝かえで 六月の花嫁〜永遠の愛〜

無論、姫に断る選択肢などなく、やむを得ずそれを承諾する」 「……」 「この時点でもうおわかりでしょう? 相手は七人の荒くれ者たちだ。 物事すべてをありのままに伝えるばかりが良いこととは限らない」 かえではようやく言葉を返した。 それと気持ち良かったら、ちゃんと「いい」と言うんです。 たちまちかえでは大きく喘ぎ、激しい反応を見せた。 喉を突かれるほど深くまで飲み込んでから、唇で擦りながらゆっくりと根元まで引き抜く。

Next

藤枝かえで : さくら吹雪~愛が香る頃に

出して、だろ?」 「ああ……、そ、そうです……中に出して……」 「とうとう言ったな、くく。 安治はにやつきながら、今度はかえでをいかせ、自分もいこうと激しく責め出す。 芝居だ、騙されたのだと主張しても、百人が百人信じてはくれないだろう。 大神くん」 もう大好きな姉さんからプレゼントをもらえないのは悲しいけれど、 今は同じ悲しみをわかちあえる…姉さんと同じくらい愛することができる大神くんがいる。 もちろん「無理矢理に」言わされるのだ。 銃撃も得意で、士官学校では剣術と共にトップの成績だった。 ここまでくると、さすがに悪趣味だ」 まったくである。

Next

帝国華撃団

朝から買い出しに出かけているが、帰ってくればまた日がな一日犯されるセックス漬けの日になるのだろう。 さっきまでの行為のすべてを聞かれていたのだ。 子宮口が弱点というのは早い時期からわかっていたこともあり、安治はそこを執拗に責めるようになっていた。 安治は速度を少し落とし、その分、出来るだけ深くまで貫いた。 その証拠に、かえでは喉を反らせたままピクピクと痙攣し続け、膣圧が強まってペニスを締めつけている。 それから大神くんのことも…』 手紙の最後に書かれていた言葉はまるで自分の死期を悟っているかのようなものだった。 アニメ版ではゲーム本編とは違い、人見知りが激しく引っ込み思案な性格をしている。

Next

帝国華撃団

しかも、この男の射精量はかなり多く、しかも精液は濃厚だった。 しかも、その証拠として肝……肝臓ですね。 「早くしろ」と言わんばかりにペニスを押しつけられると、かえでは仕方なく突き出されたものに手を触れた。 私と一緒に前を向いて…、ミカエルが照らしてくれている私たちの未来に向かって歩いていきましょ?」 「はい、かえでさん。 安治も、セックスに没頭し始めたかえでの痴態に昂揚し、大きく腰を使って深くまで打ち込む。 紅蘭とは帝撃入隊の同期で仲が良い。 平時はかすみと由里が大帝国劇場の事務室、椿が同ロビーの売店で働く。

Next