これが 愛 じゃ なけれ ば 何と 呼ぶ のか 僕 は 知ら なかっ た。 これが愛じゃなければ、何と呼ぶのか|はる|note

馬と鹿

命の奥底が、歌声に共鳴するように震える。 欲しいものが何もないと「お金」に対して興味を持ちにくい、って話なんすよね。 これを見て頂けると分かるのですが 逆境の中をひとつひとつ進んでいく様 が 「馬と鹿」では描かれているのです。 トキワ自動車経営戦略室次長の君嶋隼人は、滝川桂一郎が出したカザマ商事買収案件に反対する意見書で、滝川と対峙していた。 ドラマ『 ノーサイド・ゲーム』は、大泉洋さん演じる 大手自動車メーカーの中堅サラリーマン・君嶋隼人が、左遷先の工場で会社のラグビーチームを再建するため奮闘する。

Next

《歌詞付き》米津玄師

本来「春」という季節は、出会いや恋を連想させる期待感に溢れた季節であり、キラキラしたものの象徴であるともいえます。 消えてくれた方が楽なのかもしれない。 最近、ふと思った。 だからこそ愛の定義って難しい。 きっと世の中には「生きるのが得意な人間」と「生きるのが苦手な人間」がいるんだろう 運動が得意な奴もいるし、勉強が得意な奴もいる。

Next

【米津玄師/馬と鹿】歌詞の意味を徹底解釈!進む逆境の先には何が待っている!?

解釈 色々なものに傷つけられる春。 いろいろですよ、いろいろ。 その気持ち、わかる。 「すべてを終わらせたくなる」 わかる。 歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩いた 身体の奥底で響く 「生き足りない..。 「愛してる」 花の名前と共に、そう叫んでしまえば良かったんだ。 」という想い。

Next

【米津玄師/馬と鹿】歌詞の意味を徹底解釈!進む逆境の先には何が待っている!?

3倍大変な道かもしれないが、その時は3倍苦労するしかない。 「馬と鹿」という曲です。 夫婦や家族としての愛。 現状とは相反して、心の奥底では闘士にみなぎっている感情が読み取れます。 低迷するラグビー部と出世 の道を絶たれた君嶋の、 再起をかけた戦いが始まる。

Next

馬と鹿の歌詞

大泉洋さん演じる君嶋が、逆境の中をひとつひとつ進んでいく様をどうにか音楽にできないかと探っていった末にこの曲ができました。 主人公が出世コースを邁進している期間には当然 彼らの存在を知りません。 こうして知識も経 験もない君嶋にチーム再建という重荷が課せられた。 まさに、 逆境に立たされている状況ですよね。 こんな話。 「愛」の表現方法 「恋愛ソング」といっても、愛の定義ってすごく難しいですよね。 そんな立ち位置を、望んでいたわけではないだろう? 「可哀そうな自分」なんて、なりたかった自分ではないだろう? 一息ついたら、歩きだすしかないんだろうね。

Next

これが愛じゃなければ、何と呼ぶのか|はる|note

踵に残る傷が似ている僕が馬で君が鹿だろうか。 また、呼吸が止まるという表現。 大泉洋さん演じる君嶋が、逆境の中をひとつひとつ進んでいく様をどうにか音楽にできないかと探っていった末にこの曲ができました。 具体的な内容はどのようになっているのでしょうか? さっそく楽曲考察に移っていきましょう。 おそらくですが、先ほど歌われていた傷の痛みではなく、 張り裂けるぐらい好きだったのに想いを伝えられなっかった過去の自分の痛みのことを指しているのだと思います。 きっと「自分がやるべきこと」を見つけ出すことが、人生における最大のミッションなんじゃないかと思いますよ、ワイ的には。

Next