立命館 大学 ボート 部。 体育会ボート部 W優勝 朝日レガッタ|立命館大学 SPORTS&CULTURE

体育会・スポーツ

【W2-】 藤井香菜 スポーツ健康科学部4回生 ・高野晃帆 スポーツ健康科学部2回生 迎えた決勝、スタートからトップにたち1000mまでは早稲田大学がついてきていましたが、そこから漕ぎの大きさが活きて引き離すことができ1着でゴール。 見事優勝を飾りました。 決勝の日、女子舵手なしペアが8時10分発艇する1時間前の蹴り出しには顔を見せる校友もいるなど、炎天下の中での終始絶え間ない熱い大声援は選手たちに大きなパワーを授けました。 2017年10月26日 木 ~29日 日 、埼玉県戸田市・戸田ボートコースで第95回全日本選手権大会が開催されました。 気持ちよく船が進んでいる時の感覚は他の競技にはない気持ち良さで、その感覚を感じられた時が好きなところです。 最近、ブルッたことは何ですか? 涙腺が緩くなったなーと感じたのは「はじめてのおつかい」など誰かが頑張る番組を見た時です。

Next

高野晃帆

小学生の頃の夢は何でしたか? 小学校の時は教師になりたかったです。 大学ではトレーニングについて学んでいる時が楽しいです。 得意な科目は何ですか? あまり勉強が得意ではないですが、前好きだったのは数学が好きでした。 好きな言葉は何ですか? どんなことも小さな一歩を積み上げることで出来るようになるので、好きな言葉は「1日1歩」です。 今後の活躍にご注目、ご声援のほどよろしくお願いいたします。 大会4連覇がかかるレースで選手のプレッシャーはかなりのものでしたが、しっかりと実力を発揮し 結果に繋げることができました。 立命館大学は予選を突破した4組が決勝へ進み熱戦を繰り広げました。

Next

体育会ボート部 W優勝 朝日レガッタ|立命館大学 SPORTS&CULTURE

次回の大会は5月27日 金 ~29 日 埼玉県戸田市・戸田ボートコースにて第38回全日本軽量級選手権大会が開催されます。 一般男子舵手つきフォアの決勝レースでは、先行する龍谷大を追いかける展開でしたが、500メートル、750メートル地点での2度のスパートが功を奏し、最後まで諦めずに漕ぎ続けた結果、1位でゴールすることができました。 夢に向かって日頃から心がけていることは何ですか? 大事な場面で体調を崩さないようにすることです。 強風や荒波でコンディションの悪い中、培ったコンビネーションと強いチーム力で力強い漕ぎを見せてくれました。 昨年10月に開催された同選手権ですが来年の東京五輪の関係で今年は5月に早まり、例年にない練習日程や調整となりましたが、日頃の練習とコーチの指導、そしてボート部OB会や埼玉県校友会を中心とした首都圏の多くの校友の方々の後押しにより最高の形で実を結びました。

Next

体育会ボート部 第69回朝日レガッタ出場|立命館大学 SPORTS&CULTURE

。 インカレも行われた埼玉県戸田漕艇場で、社会人を含めた日本一を決めるレースで立命館大学ボート部は女子舵手なしペアで大会4連覇、女子エイトでは創部初の優勝を果たしました。 今は…全然できません。 あなたのプロフィールを教えてください。 男女アベック優勝を飾り、シーズン前半で良い勢いを作ることができました。

Next

高野晃帆

寝ることが好きで動画を見ながら気づいたら寝ててほとんどオフがこれだけで終わります。 一般女子舵手つきクォドルプルは、レース序盤、隣のクルーを想像以上に離すことができず、焦るような気持ちで漕いでしまう展開となりましたが、中盤で少しずつ相手を離していくにつれて、全体のリズムや動きもよくなっていきました。 他艇とは1艇身以上の差がありましたが、ラストスパートでさらに力を出し切り圧倒的強さでゴールしました。 5月23日(木)から埼玉県戸田ボートコースにおいて行われた第97回全日本選手権大会ですが、26日(日)にはボート部OB会(吉田会長)や埼玉県校友会(小玉会長)をはじめ首都圏から多くの校友の方々が応援に駆けつけました。 全日本大学選手権大会(インカレ)は9月5日 木 から4日間同コースで行われますが、校友の皆様の一層の応援を艇に乗せ、さらなる躍進が期待できます。

Next

体育会ボート部 第69回朝日レガッタ出場|立命館大学 SPORTS&CULTURE

一問一答 スポーツ以外に夢中なことは何ですか? オフは寝て過ごす事が多いです。 2020TOKYOに出場することです。 女子エイトの出場は今回見送りましたが、快挙といえる連続優勝お立ち台は圧巻で大きな歓声に包まれました。 CATが注目する学生アスリートの魅力を深掘りしていきます。 今回のレースではコンスタントの艇の伸びがよく、1本1本でどんどん艇を伸ばすことができました。 怪我も含めて試合前などに自分の体をコントロールできるようになるのも競技者としての必要なスキルなのでまずは、コンディショニングを心がけています。

Next

体育会・スポーツ

引き続きのご声援宜しくお願いいたします。 昨年に続いての2連覇を果たしました。 <写真提供:立命館大学体育会ボート部>. あなたが思う大学スポーツの魅力は何だと思いますか? 大学4年間は、社会に出る前の最後の自由に使える時間だと思っていて、その時間を自分の好きなように競技と大学生活に振り分けられて競技にも向き合えるし、大学で自分の興味のあることも学べる事が魅力だと思います。 【男子舵手つきフォア クルー】 武長省吾 経済学部2回生 福田将 経済学部4回生 池田悠一郎 理工学部4回生 宮本雄喜 経済学部3回生 松井智也 理工学部2回生 【女子舵手つきクォドルプル クルー】 伊関法子 経済学部3回生 高野晃帆 スポーツ健康科学部3回生 上京未来 経済学部4回生 佐野ゆりな スポーツ健康科学部4回生 佐藤美月 スポーツ健康科学部4回生 写真提供:立命館大学体育会ボート部. 昨年の全日本大会では漕ぎが短くなってしまったという反省点を踏まえ、今年は特に大きく漕ぐことを意識し練習に取り組んできた結果、念願の女子エイト初勝利を成し遂げました。 当時の、三隈高校ボート部の顧問をしていた先生に「君なら世界にいける」と声をかけてもらったこと。 前までこれのどこが面白いんだ?と思ってましたが、最近はすぐにウルっときます。

Next

体育会ボート部 第95回全日本選手権大会での快挙!|立命館大学 SPORTS&CULTURE

11種目の予選があり、26都府県から453クルー、1284人が参加しました。 大会最終日の6日、高校と一般、マスターズの男女計15種目の決勝があり、立命館大学体育会ボート部は 一般男子舵手つきフォアと一般女子舵手つきクォドルプルでともに優勝を飾りました。 それ以降も何度もなりたいなとは思ったのですが、それよりも今はスポーツに関わりサポートする仕事をしたいと思っています。 その精神力の強さは次回に活きる見事な戦いぶりといえます。 この競技の好きなところを教えてください。

Next