タイ 入国 制限。 日本を含めたCOVID

入国制限緩和 第1弾はベトナム 今月下旬にも相互入国で調整

タイが渡航自粛要請 タイと言えば、東南アジアの国で代の親日国として知られてますね!日本からの観光、また逆にタイから日本への観光と、観光をキーワードとして人の交流がとっても多い国。 健康証明書の提示と到着時に無料の検査を行うことで、14日間の隔離検疫なしで、タイ入国を可能にするように求めています。 しかもワークパーミットを所持しているということは、一時帰国している外国人の再入国という形なので、新規でワークパーミットを発行する人は対象外だと思います。 ),ブルガリアの長期滞在資格を保有する者並びにブルガリア国民の家族を除く,全ての第三国(注:日本を含む。 (グアム) 3月31日から,原則として,グアムに空路及び海路で入国する全ての者に対し,グアム政府指定の施設において14日間の強制隔離が行われる。 とりあえず書類は有るものとして、先に項目に目を通しておいたほうが安全です。 入国後も往来は滞在先と勤務先に限定。

Next

入国制限緩和、4カ国と協議 政府方針 滞在・勤務先限定、公共交通使えず

・ 日本を含む感染が拡大している地域(現時点では,日本,台湾,シンガポール,ドイツ,フランス及びスペイン)からの渡航者は, 観察下に置かれるが,必ずしも自宅待機は要請されていない。 4月8日から,過去14日以内に湖北省に滞在歴がある者で,深圳湾入境ポイント,港珠澳大橋入境ポイントから入境する者は,強制自宅検疫中に喀痰を採取し,それを同日午前中に指定クリニックに配送しなければならない。 他方,グアム居住者については,身分証等でグアム居住を証明できる場合,自宅での14日間の自主検疫措置が求められる。 日付が2020年2月26日なので 発熱の37. AOTエアポートアプリのダウンロードとT8フォームの入力 14日間の自己隔離について タイ入国後から14日間、渡航者は施設や自宅での隔離が義務付けられます。 同措置は,韓国国内で外国人登録(永住資格を含む)又は居所申告が有効な場合には,適用されない。

Next

日本を含めたCOVID

令和2年6月25日(午前6時更新) 外務省• ・ 自己観察(Self-Monitoring)とは,タイに到着してから14日間,1日2回検温を行い,呼吸器症状と発熱がある場合には,すぐに地域の保健当局に報告すること。 安倍晋三首相は対策本部で「経済を回復軌道に乗せていく上で、国際的な人の往来を部分的・段階的に再開していくことも必要だ」と指摘。 また、対象のビザを持っている場合でも、事前に申告・手続きが必要なので注意しましょう。 リトアニア 3月16日から,空路,陸路,海路等あらゆる方法での外国人の入国を禁止する(ただし,リトアニアに滞在許可を得ている者,商品の搬送等を扱う業者,外交官,NATO関係者等,5月15日から,エストニア人,ラトビア人及びバルト3国に合法的に居住する外国人のエストニア,ラトビアからの入国及び,仕事・教育のために渡航するEU市民は入国が可能。 上記の措置は、ビザ免除制度を利用して出入国を繰り返し、実質上長期滞在を行う者を規制するために講じられたものです。

Next

タイ・バンコクへの入国制限、緩和情報まとめ【2020年6月情報】

現地滞在中に本件に関し何らかの問題等に遭遇した場合は,現地の最寄りの在外公館に相談してください。 第1フェーズではさらにこれらを2つのグループに細分化しており、第1グループに当たるすでに入国に必要な申請を済ませているビジネス客と投資家については、6月24日から入国を許可。 1つ目のグループは、トラベル・バブルの実施を待たずに入国できるが、自主的な隔離が義務付けられる人。 一方、タイの盤谷日本人商工会議所(JCC)は19日、日本国内では新型コロナウイルス感染症の陰性を証明する健康証明書を入手することが大変困難であるため、タイの入国がほぼ不可能となる懸念があると指摘。 現時点ではトラベル・バブルの対象は決定していないが、日本や中国、韓国、ベトナム、ニュージランドなどが関心を示しているという。 そうした中、今回は大の親日国であるタイが、自国民に対して渡航の自粛を要請し、日本人がタイへ入国する際にもスクリーニングの対象となる、など、水際対策の強化が進んでいる様子。

Next

【タイ】市中感染が28日連続ゼロに[社会] 低リスク期入り、入国制限緩和へ

2020年6月19日、日本政府の新型コロナウイルス感染症対策本部が、国際的な人の往来に向けた措置について協議・調整を行いました。 ただし,過去14日間にオーストリア又は特定国以外に滞在していないことを証明しなければならない。 回復者の数は前日から4人増えて3,022人、死者の数は58人で前日から変わっていない。 在タイ日本国大使館ホームページ こちらの「 」では2020年2月27日の内容から変化がないので、こちらも 外務省の情報で良いと思います。 タイ政府は5月16日、即日から中国本土、香港、マカオ、韓国を「危険伝染病地域」のリストから削除すると発表した。

Next

タイ入国制限緩和へ。日本は最初にタイへ入国できる外国人観光客となるかも。

6月末までの予定で出されている非常事態宣言に関しては、まだ継続されるとのことです。 CAATは、11カ国から帰国するタイ人についても、搭乗に適した体調であることを示す健康証明書と在外公館が発行する証明書の提示を求める。 チェックイン時に必要な書類の詳細はのほうが解りやすいです。 駐在員や技能実習生などの長期滞在者については、制限地域から帰国する日本人と同様、入国後2週間は自宅などでの待機を求める。 必要書類の情報が曖昧で困りますね。

Next