キラキラ aiko 歌詞。 aiko キラキラ 歌詞&動画視聴

aiko キラキラ 歌詞&動画視聴

11月29日にリリースされた37枚目のシングル「予告」は、紛れも無いaiko節の楽曲で、彼女らしさが溢れる作品だ。 そこに見かけの派手さはなく、ただ「あなた」に向けて重くなる感情だけがある。 【平吉賢治】. しかし、「あなた」の立場でaikoの曲を聴くことは怖い。 あたしの強い所 弱い所 黙って見ててくれたあなたと同じ青空に出よう 愛し愛されて過ぎる大切な時 そして香った あなたの呼吸の唄に走る小さな星に涙が出た あたしのこの言葉が唇をまたいでいった後 意味を持ったままあなたの胸に残ってます様に この指で弾いた息と気持ちを重ね あなたに飛ばすの 響いて 新しい明日に繋がる想い「今日も大好きでした」 二人周り流れるストーリー あなたがここに居てくれるなら 後悔せずに前を向いたまま 立ち止まる事も怖くないのです 二人何処かで廻るストーリー 静かに終わりが来たとしても 最後にあなたが浮かんだら それが幸せに思える日なのです 隣で眠ってるあなたの口が開く そして笑った これが幸せ 今の幸せ ついて行くわ 眠ろう. 特に、メロディが非常に特徴的だ。 翌日もaikoは「今日も愛してくれる?」と言うだろう。 この曲はカップリングとして扱われていたため『』『』には収録されていなかったが、アルバム『』にロックバージョンとして収録されている。 別れてしまったけれど、「ここを離れずにいる」ということはそれでも彼のことが好きで気持ちは離れずにいると言い換えることができます。

Next

aiko キラキラ 歌詞

流行のサウンドやトレンドを少しでも前面に出していたとしたら、このような現象が起きるとは考えがたいだろう。 男女によって「感じ方」が驚く程違うのではないか? という点をaikoの歌詞についての最たる特徴として挙げたい。 キラキラ 作詞 AIKO 作曲 AIKO 唄 aiko 待ってるねいつまでも 今日は遅くなるんでしょう? 「あなた」の立場で聴くと、それが怖い。 それが怖いということだ。 他にも解釈の仕方はいっぱいありそうですが。

Next

キラキラ (aikoの曲)

It's juicy like a berry So sexy な目線 気付いたならglisten 光るフロア目配せでplay Miss DJ pump up the volume 飛ばして その姿釘付け 朝が来るまでkeep on and on 夏夜のParty はじけるChampagne CRYSTAL KRUG にDON・P 胸躍る妙に Pool side 集まるHomie 並びにShorty 着飾るBeauty 水際で跳ね返るライトがムーディ その様優美 キラめく時を紡げDJ MAYUMI MIMOSA を片手にギャルとSpeech おごらせてくれよ SEX ON THE BEACH Hey yo バーテンダー 全員分まとめな今夜のFee 軽くPay してLuxg な一夜を楽しむだろ このWiney Baby の腰へ回す手に光る無数のダイヤ So icy It's juicy like a berry So sexy な目線 気付いたならglisten 光るフロア目配せでplay Miss DJ pump up the volume 飛ばして その姿釘付け 朝が来るまでkeep on and on It feels like PARADISE 夏の光 So bright 輝く太陽 Summer high Just get down Have some fun all right みんなで楽しもう 音に体を身を任せよう Hey miss DJ play that Funky music OH Now let's have a BERRY JAM ハイブリッドなMiss woman まわり取り巻くはSP and her fan いつの間にか誘い込まれてる uh... 初回限定盤のみカラートレイ仕様。 ここでいう「知らない街」は自分が注力できる範疇を越えていることを表しています。 aikoの「も」に終わりはない。 それはたとえば、以前書いた『秘密』という曲である。 PVはaikoがピアノを演奏している場面を中心に撮影されているが、これはaikoが作曲を行う際にピアノを使うことが影響している。

Next

AI キラキラ feat. カンナ 歌詞

この話は何度か書いた。 そして何より、自然な独自性を素のままで言葉に、歌にしている存在だ。 1年2カ月ぶりのシングル「予告」は、aikoの楽曲を聴いたことのある人なら、冒頭の1秒で「aikoの曲だ」と気付かせる力を持っている。 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 相合傘の所右傘に誰が宿る 相合傘の所右傘に誰が宿る たまにあなたがとても恋しく ねぇもっと好きって言ってよ 風が冷たい耳が痛いまだ 今の目標はただ一つ 言葉とかもういらないよ何が その右手今すぐ触れたい あなたを好きで心底愛して 何も受け入れない方が どこかへ連れていってその一言 改札口抜け週末の人混み 突き抜ける程晴れた日何度も 触れてはいけない手を あなたがあたしの事をどう ほしくてほしくて手に入れた 走り去るのは簡単でしょう 今朝は向かいの家に映る おはよう早起きね本日もお元気 鳥が飛べない日は気球も空へ 暑いって言うかこの部屋には 部屋の灯りも匂いも何もかも あの子の前を上手に通る癖 4番目のピアスが床に あたしが忘れてしまったら 夜空つなぐ雲の橋寒さも忘れて 分かってるよ1秒たりとも 遠く空が続いていようが ねえ夢からまた持ってきた 今日は何をしてましたか 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 目が覚めるとあなたの顔が あなたがいる夢の所は 首をすくめ恥らえば 空模様が怪しい小さな光の隙間も 歩く地面の所々色が変わって あたしはあなたに見返りを期待 あたしの心雨ふらし 時も忘れる程こんなにあなたの ねぇあのひまわり畑も下を 何億光年向こうの星も あなたと言葉を交わす 天使よ世界を笑え Baby もっと 夜が誘う駆け抜ける世界で 必ず太陽が昇るんならば 最後まで繋いでいたのよ 汗が首を歩いたゆっくりと君の 一度積み上げた宝石が ある日突然遠くに行った ベランダのコンクリートに 2人は気付いてた全て解ってた ぶったりしてごめんね ひどく痛い朝でした 出逢った頃の二人は昨日の事 部屋の明かりは照らしてて カーテンのすきまのぞいてる どうして出逢ったかなんてまず OKキミをガン見さ今日は 一人暮らしを始めた十代の いつもみたいに頬に触れる様に 転がせこの風を泣き叫ぶもいいさ 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 氷の世界少し前までは暖かった そのまんまのあなたの立ってる 悩んでる身体が熱くて指先は 今日もやっぱ連絡はない 朝9時雲が前へ進むあたしも チカチカ12色の光が 毎日二人がもらえる決まった時間 何も違わない何も変わらない 下唇痛いほど噛んで覚えて 友達だなんて一度も思った事は いじわるはしないであなたの 久しぶりに逢ったあなた 真っ暗真っ暗たまらぬ雨と 想い出に背伸びして迎えた朝は 夜の電話声を聞いて切なくなる 待ってるねいつまでも あなたのいない世界には あたしもあれから色々あったよ こうして逢うのは何回目だろう 奥の奥から引っ張り出して いっその事あたしの事昼も夜も 恋堕ちる時 いつかいつか 眠る眠る眠る眠って 悔しい位に我慢をした涙が ねえ出逢った事後悔してる 少しだけあなたが優しくなった日 僕とあなたは恋人同士 また1から始めましょう 今降るこの雨遠くは晴れている こんな時言葉が邪魔だったり 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 宇宙の隅に生きるあたしの そうやっていつも突然やって コウモリが夕陽を連れて来て きっとそうだあたしはあなたの 白いペンで書いたからあなたは 白い窓の外まだ夜が明けた 噂で届いてしまったの もうあなたにどう触れて良い 今まであたしがしてきたこと 今から毎日泣いてばかりよ 笑って泣いてさよなら 隣で眠ってるあなたの口が開く 遠くまで届いているだろうか あなたを一人占めする為に 今夜も月夜が照らすひとつだけ 見つめ合い出逢ったあの日 こんな時間に掛けてくるのは あなたを抱きしめ目を閉じた 卵を割ってかき混ぜる渦が 明日も雪が降るかなこんなに あたしが投げるあなたが返す ゆっくりしてるともったいないよ さっき小さな音が聞こえた 心変わりを許した訳じゃない テレビを見ていた隣で指輪を 気まぐれな日々やつまずく日々に 君にいいことがあるように あなたが毎夜震えてしまう程 空の様に広くあっても2人の今は ずっとそばにいるから 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 横顔にあたった屑の星川辺を 窓たたく風のそらみみでしょうか 思った以上にあなたの事を あぁあの日が最後だと知って 昨日洗面所に置いてあるガラスの 胸の音が聞こえる背筋伸ばし 遠くで見てますから声は あからさまにこんな態度で ただあなただけひとつだけ あなたはあの時どう思っていた わかりやすい態度でみせて イヤフォンから聞こえて 古いビルの壁に染み込んだ ジーンズのポケット指を入れて 紋黄蝶飛ぶ昼間の時 胸の痛いうちはあなたの事を ありがとうありがとう しかし連絡がないなずっと テレビゲームしに来ないたまには いつでも戻れるよあの頃の自分 あと7kmで出口です ねぇ知ってるあたしは 少し離れた場所にいても 適当で変な事言って テーブルに置かれた丸まった すききらいすききらい ただあなたの後ろ姿を この部屋で5分の出来事 君の肩に顔を埋めて大きく息を いつだって君に逢いたいよ 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 罪も嘘もないその瞳に 耳の奥に残ったまま出てこない もっと緩やかに季節が過ぎて あめちゃんあったら嬉しいな 今の気持ちをわざと曲げて 新しい気持ちを見つけた ぬけがらみたいな夏の日 雨が降れば猫は泣く濡れた あなたを好きになって胸が あなたの言葉に恋をした言葉で まばたきするのが惜しいな 誰にも怒られなくて眠りたい時 あなたもこの空の下同じ日差しを 君がスニーカー履くと 眠りにつくかつかないか 例えばよく行くお店の壁紙が あぁ心は狭くて辛く温かく暗い きっとこの先まで行くと くるくるとペンを回して このまま一緒にいようよ 何も浮かばない日は 気付かない所なのこうゆうものって 腕を組んで首斜めして あたしの生きてきた何十年 今頃がんばってるのかそれとも 細い細い窓の隙間から白い光 あたしの気持ち掘り返してみたら あなたはいつも僕を忘れない様 今夜も必ず連絡するね 明日の時間を誤魔化して じゃあ無言のままでもいい どこかで雨が降ってたんだね ねぇそんなにつまんないなら 夢中になる前に解って良かった ハンカチ1つ渇かない 右にあなたの顔があれば あいつより好きだったとか 今繋いだ星電話窓の外の光が あたしの髪が伸びて驚く程 夜中家に帰って真っ暗な道歩く じゃあまたねと見えなくなる それは偶然であの日雨が降ったから 時々思いますあなたの事を 早く逢って言いたい 今ここであなたの考える 具体的に言うとあなたのその腕で こんなにもこんなにも苦しくて きっとあなたの心に 濡れたまつげ乾く間もない ねぇいつまで縛ってるやばい. 「あなた」は取り替え不能だ。 しかしaikoが本当に怖くなり、そして凄くなるのは、「あなたはあたしのすべてなの」(『何処へでも行く』)のほうなのだ。 にもかかわらず、aikoは「もっともっと注いで」と言っているのだ。

Next

AI キラキラ feat. カンナ 歌詞

待ってるねいつまでも 今日は遅くなるんでしょう? 一人寂しくない様に ヘッドフォンで音楽聴いてるね 遠い遠い見たことのない 知らない街に行ったとしても あたしはこうしてずっとここを離れずにいるよ 羽が生えたことも 深爪した事も シルバーリングが黒くなった事 帰ってきたら話すね その前にこの世がなくなっちゃってたら 風になってでもあなたを待ってる そうやって悲しい日を越えてきた 明日は来るのかな? きっとちゃんとやって来るよ 仲良しの友達 励ましくれた四つ葉の緑 想い悩み溢れる程 眠れぬ夜迎えてばかり あなたを好きという事だけで あたしは変わった 雨が邪魔しても 乾いた指先に残る あなたの唇の熱 流れた涙が冷やした 触れてしまったら 心臓止まるかもと 本気で考えた 暑い夏の日 ひたむきに光を探してた 遠い遠い見たことのない 知らない街に行ったとしても 離れ離れじゃないんだから あたしはこうして... 深いファンであれば、こんな単純な表現よりも的確に明言することができるだろう。 「いや~、女って生き物は怖いね~」と簡単に言える怖さだということだ。 しかしaikoのしたたかさは、常に「深い愛」に裏付けられている。 女の打算と女の愛、どちらが怖いかといえば、私は女の愛のほうが怖い。 aikoが書く歌詞については、「男女の思考のすれ違い」という生物学的なレベルのところまで考えてしまうところすらある。 。 つまりは前の歌詞とも合わせるとすでに別れているのではないかと想像できます。

Next

ちょっと古い曲ですが、aikoのキラキラって歌詞の解釈が難しい...

「何が良いの? aikoって」と聞かれて返す言葉はきっと様々ある。 これは怖いっちゃあ怖いが、気軽に共有可能な怖さだという印象がある。 女性の芯の情念をゼロから「1」として音に浮かび上がらせキュートに歌う存在。 そして、いつかきと帰ってくると信じてる一途な曲でもあると思います。 それが『心に乙女』という曲であり、aikoのもっとも凄く、同時に怖い部分なのである。 ここは性別問わず共通であろうか。 作詞・作曲:AIKO(全曲)• そこで色々考えていたら、すごく不気味なこと思いついちゃったんです。

Next

aiko キラキラ 歌詞

きっとちゃんとやって来るよ 仲良しの友達 励ましくれた四つ葉の緑 想い悩み溢れる程 眠れぬ夜迎えてばかり あなたを好きという事だけで あたしは変わった 雨が邪魔しても 乾いた指先に残る あなたの唇の熱 流れた涙が冷やした 触れてしまったら 心臓止まるかもと 本気で考えた 暑い夏の日 ひたむきに光を探してた 遠い遠い見たことのない 知らない街に行ったとしても 離れ離れじゃないんだから あたしはこうして・・ 羽が生えたことも 深爪した事も シルバーリングが黒くなった事 帰ってきたら話すね その前にこの世がなくなっちゃってたら 風になってでもあなたを待ってる そうやって悲しい日を越えてきた. それは深夜四時に静かな部屋で歌われるような音楽である。 強い愛は相手を破壊するほどの力を秘めていると暴露するところだ。 。 宇宙の隅に生きるあたしの大きな愛は 今日まで最大限に注がれて しかも、それは「今日まで最大限に注がれた」のだ。 そしてaikoを聴くとき、私は男でありながら「あたし」になっている。

Next